MENU

イデー・モンテッソーリ/モンテッソーリ教育を愛する全ての人へ

2018.06.13 【本日発売】 「マンガ モンテッソーリの幼児教育 ママ、ひとりでするのを手伝ってね! 」


モンテッソーリ教育のベストセラー本でもある、故 相良敦子先生の名著「モンテッソーリの幼児教育 ママ、ひとりでするのを手伝ってね!」(1985年6月 講談社)がマンガとなり、本日、河出書房新社から出版されました。

 

 

こちらの本の出版にあたり、イデー・モンテッソーリの編集長 あべようこが、マンガ(作画・作話)、コラムを手掛けております。

 

お母さん、お父さんはもちろん、幼児教育関係者すべてに役立つ、子育て入門書です。

 

出版に際しまして、相良先生がこの本にかけていらっしゃった「想い」をご紹介致します。

 

 

 

相良敦子先生の想い

モンテッソーリ教育の第一人者 相良敦子先生は、2017年6月に急逝されましたが、今なお全国のファンから愛され、惜しまれています。

 

そんな先生は、最後の最後まで、子どものすこやかな成長のたすけとなるモンテッソーリ教育が、少しでも世の中に広まるように、全国各地を奔走されていました。

 

相良敦子先生

 

 

マンガ化への想い

先生のご著書の一つであり、今でも絶大な人気を誇る名著『ママ、ひとりでするのを手伝ってね!』。出版から数年経った際、この本を編集された方より、マンガ化の提案があったそうです。しかしその時は、実現に至りませんでした。

 

その後30年以上、先生の脳裏には、ご著書のマンガ化のことがありました。「センスのある絵で、モンテッソーリ教育の微妙な内面の深さと良さ、そして厳然とした論理を理解して、絶妙なニュアンスまで表現し、この本をマンガ化してくれそうな人」を探していらっしゃったそうです。

 

相良先生は、「文字よりもマンガを好む読者が多くなる現代で、若い世代が親しめるように、著書をマンガ化したい」という、ひそかな熱い想いを持っていらっしゃたのです。

 

その願いがついに実現しました!!

 

 

(出典:「マンガ モンテッソーリの幼児教育 ママ、ひとりでするのを手伝ってね! 」河出書房新社より)

 

 

内容のご紹介

2歳の娘「泉りこ」の子育てに奮闘する、母親「あこ」30歳。ある日あこが、近所の児童館で、自立して活動する2歳の女の子を見て衝撃を受けます。そしてその子の母親「桐野みさ子」に育児のコツを聞いたことから、モンテッソーリ教育や相良敦子先生に出会い、親子共に成長していくストーリーを描いたものです。

 

本書は、相良先生の原作のエッセンスを元に、あべようこ自身の5歳の娘の子育ての体験なども盛り込んで、ストーリーを練り上げています。

 

また、初めてモンテッソーリ教育に触れる方にもできるだけ分かりやすいよう考慮し、マンガでは表現し切れなかった部分のコラムも併載しております。

 

マリア・モンテッソーリがくれた、日々の子育てのヒント。それを手に入れることで、あなたが、子どもの命の本当の輝きに出会えますように。

 

 

Contents

はじめに

 

Chapter1「する!」「自分で!」/ ①大人と子供は争っている ②子どもは自立したがっている ③子どもに上手に教える方法 / コラム①②③

 

Chapter2  子どもがわかる「敏感期」/ ①反抗期?いいえ、「敏感期」 ②秩序の敏感期 ③感覚の敏感期  ④運動の敏感期 / コラム④

 

Chapter3  子どもの「知性」が働くとき / 子供は動きながら学んでいる / コラム⑤

 

Chapter4  子どもを成長させる「活動のサイクル」 / 子どもが変わる、たったひとつの道筋 / コラム⑥

 

Chapter5  子どもの自立をたすける環境 / 「自分でしたい」子どものために / コラム⑦

 

おわりに

 

 

全国の書店、またはamazon等のオンラインショップで、是非お買い求め下さい。

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309248684/

 

 

 

お知らせ

イデー・モンテッソーリでは、モンテッソーリ教員資格者の求人情報の案内も行なっております。資格をお持ちで仕事をお探しの方は、是非ご覧下さい。

 

↑↑クリック or タップ↑↑

 


お知らせPick Up

PAGETOP